借地権を売りたい

親の借地権を相続したが、そこに住むことはない。地主との借地契約を更新せず、家を取り壊し地主に返却しよう。そう考える方は多いと思います。

しかし、ちょっとお待ちください。実は借地権とは売却可能な立派な財産なのです。借地権について定めた法律を「借地借家法」といい、1992年(平成4年)8月1日に施行された比較的新しい法律なのですが、すでに廃止になった「借地法」という法律がこの新しい「借地借家法」の施行日以前から存続している借地権には適用されることになっており、2つの法律が混在しているのが現状なのです。

借地権借地権を売却する場合には、新しい法律である「借地借家法」と旧い法律である「借地法」の違いをよく理解しておく必要があります。お持ちの借地権にどちらの法律が適用されているのかは、借地契約が行われた時期によりますので確認をしましょう。どちらの法律に関わらず、借地権はほとんどのケースで売却することが可能です。

借地権を売却する場合には、まず土地を所有する地主の同意を得る必要があるのですが、複雑な法律や税務知識を要求されること、地主は経験豊富で交渉力がある場合が多いのに対し借地権者は知識が乏しく交渉に不慣れなこと、地主との交渉が難航する場合があることなどを考えますと、個人で借地権売却を行うことはかなりの困難を伴うと予測されるため、底地取扱店などの専門家に相談することも賢い選択です。

このサイトでは、借地権の売買についてわかりやすく説明させていただきます。